AvantGarde Gothic(アヴァンギャルド)―コスメブランド・ADDICTIONのフォント

前回のNARSに続いて今回はADDICTION(アディクション)のロゴフォントについて。
addiction-font-avantgarde
一見するとHelveticaを予感させるが,違う。
まさかのKabel様降臨の予感は・・しない。毎日見ているから一瞥して違いはわかる。アバンギャルドが比べられるべきはcentury Gothicだと思う(そもそもはFuturaにインスパイアされたもの)。
Avant Gardeはもともと雑誌「Avant Garde」(1968年創刊)のためにデザインされた書体で,ジオメトリック・サンセリフ系のフォントの代表格である。全体的にみるとKabelのような強烈な個性やHelveticaのような主張があるわけではないが,大文字の「R」や「Q」がきわめて特徴的である。
コスメブランド・アディクションの場合,ブランドロゴこそAvant Gardeであるものの,WebサイトのMENUボタンや商品名などに用いられているのはHelvetica Neue。フォントを統一すべきとの考え方もあろうが,同系統のフォントなので違和感はなく,Webデザインや雑誌のカバーなどのデザイン性が要求される場面では,アクセントとして複数のフォントが混在することは珍しくない。

 

addiction-01

addiction-ss01-800px

ADDIICTION 公式(※音が流れます)
http://addiction-beauty.com/

[Sponsored link]

0
             
ELENA EVANGELISTA

著者: ELENA EVANGELISTA

TRANSTYLE専属ライター 東京大学大学院修士課程修了 脳内ニューヨーク出身/東京都在住/年齢不詳/趣味は美容と身体管理/老けたら負けよ かわいいものが大好きです。 言いたいことが言えない記事なんてポイズン。