カネボウ「KATE」と共に振り返る 日本女性の“メイク七変化”

“no more rules”でお馴染みの、カネボウ化粧品のメイクブランド『KATE』は、ルールにとらわれず、自分の色(メイク・スタイル)は自分で決めるという、芯 が強く自由にメイクを楽しみたい日本女性に向けて、1997年に誕生。そして2014年2月、KATEはロゴにTOKYOの名を刻み、『KATE TOKYO』として日本のメイクを世界へ発信する。
今回、カネボウ・KATEは新たな一歩を踏み出すに当たり、これまで話題になったアイテムと共に、当時のトレンド顔を再現した。
kate00003

KATEが誕生したのは、今では懐かしい「コギャル」に代表される“細眉”“ガングロ”などが流行った、90年代後半。この時代は、今までのメーカー主 導のトレンド発信から、自分達で自己流アレンジを加えながらトレンドを創り上げる時代への移行期であった。そこから日本女性は、時代の影響を受けながらも、 様々な変化を遂げることとなる。
この日本独自の化粧文化は世界でも注目の的。また今や東京のファッションやメイクはアジアを中心にトレンド発信地でもあるのだ。

 

2014年春夏のトレンドは?
“極ツヤ”דナチュ感”+“エアリー”

kate00002
色み、大人っぽさを継続しながらも、目もとの輝きが進化。高い輝度から澄んだ透明感と濡れたような“極ツヤ”な光沢感へシフト。
跳ね上げた“ネコ目”ラインも引き続きトレンドだが、全体的には作りすぎない“ナチュ感”がポイント。ヘアも“エアリー”な雰囲気がトレンド。

 

 

“極ツヤ”דナチュ感”で叶える大きな目もと『スポットライティングシャドウ』発売中!

kate00001誰もが憧れる、主役のための光「スポットライト」。
このアイシャドウはスポットライトのような“極ツヤ”דナチュ感”のある輝きで、大きな目もとを叶えます。
秘密は左上のグロッシーライト。ライトリフレクションパールを配合することで、洗練された透明度の高い輝きを実現。さらに新オイルリッチ製法によるツヤの高い光沢感が、華やかでクールな印象の目もとを演出します。
《商品情報》 ケイト スポットライティングシャドウ 全5種 各1,800円(税抜)

[Sponsored link]

0