食べる機械―新宿のマクドナルド

McDonald’s-Shinjuku

新宿駅西口にある「圧縮系」のマクドナルド
各人が「ブース」で飲食している(これをブースインと呼ぶことに異論はあるまい)

いかにも現代の東京らしい風景だ。
ここには,飲食店が担うはずの語らいの場としての機能はない。胃袋を満たして生命を維持するためだけの飲食か。喫茶店文化が好きな身としてはなんとも言えない気落ちになるけれども,徹底しているという意味で,これはこれでありなのだと思うし,個人的には嫌いではない。
そもそも,いっさいの無駄を削ぎ落としたファストフードという形態には,「飲食」以外の機能は必ずしも必要ではないのかもしれない。

徹底的に殺伐としている雰囲気も悪くなくて,ジャンクな気分の時には殺伐としていた方がむしろ居心地がいいこともある。余談になるが,米国のマックが醸し出す殺伐感は,さすが本家だけあってかなかなかのものだしあれはあれで素敵な体験すぎる。

[Sponsored link]

0
             
ELENA EVANGELISTA

著者: ELENA EVANGELISTA

TRANSTYLE専属ライター 東京大学大学院修士課程修了 脳内ニューヨーク出身/東京都在住/年齢不詳/趣味は美容と身体管理/老けたら負けよ かわいいものが大好きです。 言いたいことが言えない記事なんてポイズン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です