「LUMIX MEETS/TOKYO2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9」日本人若手写真家9名による写真展 パリ、東京にて開催

株式会社アマナホールディングスが“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をテーマに写真の楽しみ方を提案するIMA メディアプロジェクトは,パナソニック株式会社協賛のもと,日本人若手写真家9名による写真展「LUMIX MEETS/TOKYO2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9」をパリ,東京の2都市にて開催する。(photo by Maya Akashika)

ima-pana00

建築、アニメ、漫画、ファッションなど、日本独自のカルチャーが世界で高く評価される昨今、荒木経惟、森山大道らが欧米からの熱いラブコールを受けている ように、日本の写真が世界で注目されています。こうした中、本展では、次に連なる有望な若手日本人写真家たちに着目し、写真雑誌『IMA』が9名の若手写 真家を選出。東京に加え、世界中のアートフォト関係者が集う「パリ写真月間」会期中のフランス・パリを作品発表の場とし、彼らのユニークでパワー溢れる作 品を国内外へ発信します。IMAメディアプロジェクトは様々な写真の楽しみ方を提案することで、日本のアートフォト市場の成長に寄与してまいります。

ima-pana02

■「LUMIX MEETS/TOKYO 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9」 東京展概要

日  程  2013年11月23日(土)~12月1日(日) | 11:00 ~ 19:00

会  場  HILLSIDE TERRACE / HILLSIDE FORUM

東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟

出展作家   赤鹿麻耶、濱田祐史、伊丹豪、kosuke、水谷吉法、山本渉、横田大輔、吉田和生、うつゆみこ

主  催  株式会社アマナホールディングス/IMAメディアプロジェクト

特別協賛 パナソニック株式会社

協 力    ヒルサイドテラス

入館料   無料

問合せ先   event@imaonline.jp

公式サイトURL http://tokyo2020photographers.jp/

※展示作品はすべて購入できます。

※展示作品に、オリジナルiPhone(iPad)アプリ「IMA + ARART」をかざすと、特別コンテンツがお楽しみいただけます。

 

■ 「LUMIX MEETS/TOKYO 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9」 パリ展概要

会期 2013年11月9日(土)~11月17日(日)

会場 1 RUE RICHELIEU

1, rue de Richelieu 75001 Paris

■ ミラーレス一眼カメラ「LUMIX GM」について

パナソニック株式会社より発売されるミラーレス一眼カメラ「LUMIX GM」。高画質性能を凝縮したミラーレス一眼カメラは、常に持ち運べる世界最小ボディ※、上質感を重視した高品位デザイン、撮影者の思いを豊かに表現する 描写力、高感度高画質を実現。また、スマートフォンと連携して活用するWi-Fi(R)機能を搭載したマイクロフォーサーズミラーレス一眼カメラ。 LUMIX GMは、一眼カメラとして画期的なサイズを実現したことで、シーンを選ばず日常的に活躍する新たな一眼の世界を提案します。

※2013年11月21日発売予定。レンズ交換式デジタルカメラのボディとして。(幅 約98.5mm × 高さ 約54.9mm × 奥行 約30.4mm)

LUMIX GM ホームページ  http://panasonic.jp/dc/gm1/index.html

■ IMA メディアプロジェクトと、写真雑誌『IMA』について

“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をテーマに、写真を見る、飾る、買う楽しみ方を提案し、日本における写真文化の普及を目指すIMAメディアプロジェクト。 2012年8月、「写真をゆっくり読む雑誌」をコンセプトに写真雑誌『IMA』(年4回刊)を創刊。さらに全国各地の写真展や発売中の写真集、応募可能な 写真コンテストなどの情報を提供する写真情報ポータルサイト『IMA ONLINE』の運営や、セミナー、ワークショップの企画・運営など、多種多様なメディアを複合的に活用した写真ビジネスを展開している。

IMA ONLINE http://imaonline.jp/

 

【アマナグループについて】

アマナグループは、株式会社アマナホールディングスを主軸に、株式会社アマナイメージズを中核会社としたストックフォト事業、株式会社アマナと株式会社ア マナクリエイティブを中核会社としたビジュアル・コミュニケーション事業、および株式会社ポリゴン・ピクチュアズを中核会社としたエンタテインメント映像 事業を手がける3つの事業グループを中心に構成されています。

 

[Sponsored link]

0