「場と間」VOl.4[May.22-26 2013] BAtoMA INTERIOR EXHIBITIONーTHEME: Christmas

*FOR ENGLISH: PLEASE SCROLL DOWN TO END OF JAPANESE..

アッシュ・ペー・フランスが主催するデザインとアートとプロダクトの合同展示会「場と間(ばとま)」が5月22日から5月26日までの5日間にわたって,ラフォーレミュージアム原宿で開催された。通常の展示会がバイヤーやプレス向けなのに対し,「場と空間」では一般にも会場を開放し,多くの来場客で賑わいをみせた。

 

入り口

2010年にスタートし今回で4回目の開催となる「場と間」が掲げたテーマは「クリスマス」。春から夏へと向かおうとするこの時期にクリスマスの展示会となると奇妙な感じがするのは否めない。もっとも,そこには戦略的な理由があるようだ。

なんでも,現在、日本の市場においてクリスマスに特化した展示会が開催されておらず,クリスマス商戦時期に商材を確保するのが困難であるため早い時期における開催に意義があり,さらに日本のクリスマス市場の活性化させ,新しいビジネスチャンスへと展開させていくための試みとのことである。

また,上述したように同展は一般にも開放されているので(業界関係者はいざ知らず)広範囲に注意を引き付けるという意味でも,効果的だったのではなかろうか。

 

 会場内の様子(一般公開日)

 

会場の装飾は主に木材を用いることでクリスマスの街並みを再現。WOODPRO
(1)の協賛による足場板がぬくもりを演出し,さらに「matic」(2)による空間デザインとTattomu(3)のイルミネーションといったその領域のプロフェッショナルのクリエイティビティが注ぎ込まれることで,思わず住みたくなるようなクリスマスの街を,われわれに目撃させた。

ひときわ目立っていたのが,アッシュ・ペー・フランスのクリエイションチームの1つである「扉のむこう側」が,幅広くものづくりを行っているクリエイティブオフィス「kloka」とコラボレーションしたインスタレーションだ。このインスタレーションは,ようするに街並みと鉄道模型による「ジオラマ」である。

ミニチュアライズされた冬景色と鉄道は,クリエーションとしての高い完成度に感銘しつつも,それはただただ美しくかわいいというほかない。その模様を短い動画に収めたのものを以下にリンクしたので参照されたい。

最後に,筆者が撮影したインスタレーションの画像を暇つぶしにどうぞ。ちなみに”PHOTOSHOPPING”な加工はしておらず,`たんに短焦点レンズを絞り開放で撮影したためである。きれいにぼけてくれて,いい感じのジオラマ感が出せたような気がする。

(受付担当の方々をスナップ撮影させていただいたので,それは後日UPします)

THEME:The dream town of Christmas

 

BAtoMA INTERIOR EXHIBITION

Wednesday, May 22, 2013 – Sunday, May 26, 2013Venue:  Laforet Museum Harajuku
The theme of exhibition on May is Christmas.
BAtoMA INTERIOR EXHIBITION suggests mainly items essential to christmas like gift and decor for christmas.
Why Christmas?

Christmas, that we had ever been dreaming since we were children, even if we grow up, it still shows dream. The fantastic Christmas town in diorama will make heart fluttered as for adult, as for the child.

During the BAtoMA vol.04, H.P. France’s creative team “TOBIRA NO MUKOUGAWA” will collaborate with the creative office “kloka” for a special installation. Please stay tuned for “TOBIRA NO MUKOUGAWA x Kloka” installation!

What is BAtoMA

H.P. France will organize “BAtoMA” exhibition as a joint exhibition of design and art products. The event brings together personal, unique works by artists and creators as well as various Asian and ethnic products. Furthermore, for furniture stores, the event showcases the use of antique furniture and plants to promote a complete lifestyle and atmosphere in which the products inhabit. Initially, the visitors not only consist of interior designers, but also include fashion buyers, artists and designers. Then, general admission is welcomed to this exhibition where for the first time exhibitors can also sell their products.

The theme of exhibition on May is Christmas.
We’ll suggest mainly items essential to christmas like gift and decor for christmas. Why Christmas?

Within the interior market, the Christmas holiday season is an important period. However, Japan currently does not have a trade show specializing in Christmas.
The majority of Christmas goods are imported from abroad then stocked in stores throughout Japan. Manufactures dealing in these seasonal goods have raised voices of concern with order schedules placed in June and July not being met by the holiday season. To ensure merchandise during the Christmas sales period, orders for Christmas goods must be placed earlier in May.
In order to improve this situation and stimulate the market as a whole through new business opportunities, BAtoMA will hold an exhibition in May dedicated solely to the Christmas season. BAtoMA proposes a new Christmas market within Japan— one of even greater excitement for the holiday.  [quoted from Official WEB ]

会期:2013年5月22日(水)~26日(日)
※5月24日~ 26日は一般開放
時間:11:00~19:00 ※最終日は17:00 Close
会場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)

(1)株式会社WOODPRO www.ashiba21.com
(2)matic matic.jp.net/
(3) 株式会社Tattomu www.ledsign.jp
[Sponsored link]

0
             
ELENA EVANGELISTA

著者: ELENA EVANGELISTA

TRANSTYLE専属ライター 東京大学大学院修士課程修了 脳内ニューヨーク出身/東京都在住/年齢不詳/趣味は美容と身体管理/老けたら負けよ かわいいものが大好きです。 言いたいことが言えない記事なんてポイズン。